リフォーム工事終了!
0

    我が家のリフォーム工事が終了しました。

    築43年のマンション。
    30年分の溜まりに溜まったものを整理し
    水廻りも一新。
    更に床と壁を張り替えて…

    【ビフォー】



    【アフター】


    すっきりです。
    こちらは地球防衛堂オフィス(?)




    コンセプトは『マレーシアのキオスク』です。ウソです。

    後ろにあるのは購入してから34年が経過した茶箪笥。
    元々はゴージャスなワインレッドだったのですが…
    今となってはいささか辛かったので
    木目の合板を貼り付けました。
    素人DIYですが
    3m離れて見ると『巧みが蘇らせるアレ』の雰囲気です。




    限りある予算の中でここ二週間頑張ってくださった職人さんたちにはいくら感謝してもしきれません!
    ありがとうございました!


     
    カテゴリ:我が家のリフォーム | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    こだわりの部屋
    0

      我が家のリフォームも完成まで、あと僅か!

      工務店さんに無理を言って造作していただいた
      秋葉原AKBシアターを3/4サイズで再現した部屋
      あとは床の張替え作業を残すのみとなりました。



      さすがプロです。
      かなりの再現性…。
      工務店のご担当は変な顔をされていましたが
      大満足です。

      来週末はひとり握手会を開催します。










      今年のエイプリルフールは雑な合成でごめんなさい。





       
      カテゴリ:我が家のリフォーム | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      風呂場消滅。
      0

        風呂場がない!



        仕事から帰ってきたら…。

        風呂場が盗まれていました…。

        嘘です。



        本日から我が家のリフォーム工事が始まりました。

        1973年に完成。
        今年で築43年目を迎えるマンション。

        1982年に引っ越してきた時でさえ「古いな―」なんて思ったもので、
        その時、リフォームして以来ですから実に34年ぶりのお色直しです。



        新しいキッチンも納品になっておりました。
        リフォーム工事は始まったばかり…

        『ビフォーアフター』で言えば8時12分くらいでしょうか?



        これから二週間

        私、工事現場で寝ます!
         
        カテゴリ:我が家のリフォーム | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
        【速報】地球防衛堂 推し変のお知らせ。
        0

          【速報】地球防衛堂代表が「推し変」を発表

          地球防衛堂広報室は2月17日午後11時20分、代表が「推し変」したことを正式に発表した。

          地球防衛堂代表の「推し変」は3年ぶり5回目。(時事痛信)

          今回、新たにイチ推しとなったのは新潟に発足したばかりの

          『NGT48』のメンバー 『中井りか』(なかいりか)さん。



          中井さんは富山県出身1997年8月23日生まれ。
          今回の推し変に伴い、今までイチ推しであった『宮脇咲良』(みやわきさくら)さんは二推しとなった。

          推し変の理由について、同社広報室は明言を避けたものの、代表がずっとスルーしてきた『さしきた合戦』(日テレ)をイッキ見し出演中の中井さんを観てしまったことが決め手となったという見方が強い。

          新潟48に関してはまだまだ情報が不足しており「潟姉」と「かとみな」くらいしかキャラが立っていない中、NGTから一推しを選ぶ事に対し「時期尚早」「おまえにNGTの何が解かる!」「さくらたんの大事な時期に一体何をするんだ!」という声が高まるのは確実とみられる。

          長期に渡り地球防衛堂代表のイチ推しの座に君臨した宮脇さんに関して広報室は
          「いよいよ本店(AKB)のセンターに登りつけた宮脇さんに私たちが出来ることは少ないのかもしれませんがこれからも応援し続けます!」という半ばヒガミとも言える声明を出している。

          地球防衛堂的最新序列
          |羂罎蠅さん(NGT48チームN掘
          宮脇咲良さん(HKT48チームK/AKB48チームA)
          松岡菜摘さん(HKT48チームH)

          中井りかさんに関して(エケペディア)
          http://48pedia.org/%E4%B8%AD%E4%BA%95%E3%82%8A%E3%81%8B
          中井りかさんの画像
          https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E4%BA%95%E3%82%8A%E3%81%8B&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja

           
          カテゴリ:アイドル | 23:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          メイキング・オブ『野獣交番』その3
          0

            合成。

            おもしろいですね。

            本作『野獣交番』は、静止画の集合体ですが
            合成のおかげで成り立った画も多いんです。



            主役二人の迫真の戦い!





            現場でお二人はお会いしていません。











            本番では、きれいに消去されてしまった松ちゃん!









            続きましては…

            重力無視の(?)舞台裏

            予算が潤沢ならばワイヤー等を使うのでしょうが…





            地球防衛堂は机とイス。





            阿部さんにはフラッシュダンス並の反りをお願いしました。

            阿部さんのなびく髪は…





            クリップボード。

            出演者の皆さんの想像力と身体能力に支えられ完成した『野獣交番』
            みなさんありがとうございました!



            後藤くんは何を蹴ってる?









             
            カテゴリ:架空映画野獣交番 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            メイキング・オブ『野獣交番』その2
            0

              地球防衛堂オリジナル動画
              『劇場版 野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』

              今宵は「ロケ地」のお話です。

              物語後半の舞台



              『第七埠頭海上プラットフォーム』
              いったい、何をする施設なのでしょうか?

              パトカーが突き破った工事現場の看板



              実は



              と、書かれていました。
              兎にも角にも、未完成の巨大海上施設は
              犯罪組織『モスグリーン』のアジトの一つになっていたようです。



              この施設…
              実はミニチュアなんです。



              製作したのは、
              特殊造形家「アーリオ工房」の吉田ひでおさん。
              本作では、犯罪組織の総帥を演じていただいております。
              (総帥自らアジトを作る…)





              元々は8年前にくつした企画さんが制作した映像作品『ナゲイレ』に登場した建物なのですが


              くつした企画さん映像作品『ナゲイレ』より


              あれから8年…
              毎回、吉田さんの家に行く度に「あーこの建物貸して欲しいナー」と密かに思っておりました。

              今回、ご無理を言って「ロケ地」として使わせていただいた次第です。

              沖縄海洋博のアクアポリスを彷彿させるデザイン。
              70年代を想起させる無骨な存在が『野獣交番』のクライマックスに華を添えてくれました。

              ありがとうございました!



              海上から見る東京の夜景は綺麗です。


              合成だけど…




              地球防衛堂『野獣交番』はこちらからどうぞ

              『劇場版 野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』特設サイト





               
              カテゴリ:架空映画野獣交番 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              メイキング・オブ『野獣交番』その1
              0

                先日、公式サイト・YOUTUBE・ニコニコ動画で公開させていただいた
                地球防衛堂オリジナル動画

                『劇場版 野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』

                たくさんの方々にご視聴いただいております。
                厚く御礼申し上げます。

                今日は野獣交番をどのように作ったかをちょっとだけご紹介します。
                野獣交番は、「ハイパーボラギノール方式」という(勝手な造語ですが)方式の映像ですので
                映像と言っても「静止画像」の寄せ集めなわけです。
                いろいろな画像を切って貼って一つの画像にしております。

                冒頭で豪雷巡査の妹が殺されてしまったシーン



                これは…



                近所の公共施設



                新宿北署管内ですので高層ビル街



                阿部さんに寝そべっていただき…



                松ちゃんと池ちゃんは阿部さんとは別日撮影。



                あ!松ちゃん、二役でお願いします!



                あと血糊や諸々を加え…。




                画像処理を施すと…。






                こうなり…更に、背景にクラフト紙&照明効果を施すと…





                こうなります。
                こんな画づくりを今回、120カット行いました。
                楽しくも面倒くさい(?)作業の末に出来上がった

                『野獣交番』

                下のポスターをクリックしていただくと、動画公開ページにジャンプします。
                どうぞ、宜しくお願いいたします!




                 
                カテゴリ:架空映画野獣交番 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                『野獣交番』遂に公開!
                0

                  本日、ただいまより
                  地球防衛堂オリジナル動画
                  『劇場版野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』
                  を公開いたします!

                  ご出演・製作に携わって下さった、たくさんの皆さん。
                  本当に有難うございました!

                  下のポスターをクリックしていただくと、動画公開ページにジャンプします。
                  どうぞ、宜しくお願いいたします!



                  カテゴリ:架空映画野獣交番 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  『野獣交番』公開直前スペシャル
                  0

                    いよいよ、地球防衛堂架空映画シリーズ第二弾『野獣交番』の公開が近づいてまいりました。




                    「地球防衛堂太平洋ディビジョン」後藤大輔さんのおかげを持ちまして9分4秒という超大作(当社比)が出来上がりました。


                    いまから7年前。


                    『架空映画のタイトルを考える』という空前のマイブームのさなか。
                    「じゃあ、バイオレンスドラマなら、どう名付ける?」
                    という自問に自答したのが『野獣交番』でした。

                    「ドーベルマン刑事」「ゴキブリ刑事」「野獣刑事」「要塞警察」
                    「残酷警察」そして「西部警察」etc…。

                    いろいろありました。

                    更に「デカ祭り」に代表されるように、いわゆる「刑事(デカ)もの」のパロディーは、それこそ星の数ほど存在するわけで、「既視感」と「パロディー」に満ち溢れた「警察ドラマ」に手を付けることは、自主制作界において、余程の覚悟がなければ「やけど」をしてしまう題材だと考えてしまうのです。

                    そこで『交番』

                    『交番』といえば警察組織の中でも牧歌的なイメージが(勝手に)あります。
                    ドラマで言えば何でしょう?

                    亀有?バカボン?金八先生?

                    そんな「交番のお巡りさん」に裏の顔があるとすれば…。

                    最近は「警察24時」や実際の事件で「交番のお巡りさんも意外と…」と思う瞬間もありますが、私が慕う70年代ドラマでは、凶悪事件とは対極なところにいる存在でした。

                    ですから

                    有りそうではあるが有り得えない
                    が信条の「地球防衛堂架空企画」の中で『野獣交番』というフレーズが浮かんだ時は我ながら嬉しかったです。

                    『野獣交番』をラーメン屋さんで読んだことがあると言い張る人が現れた時には、感動を通り越し恐怖すら感じたものです。

                    タイトルが決まれば「妄想作業」は楽しいものです。

                    昨今の『相棒』や『踊る大捜査線』の記憶を消し去り
                    石原プロや日テレアクションを代表する70年代刑事ドラマ作品よろしく

                    「主人公には妹がいなくてはならない」
                    「その妹は不幸でなければならない」
                    「巨悪と戦う時、主人公はサングラスを着用しなければならない」
                    「銃は絶えず抜いていなければならない」
                    「たとえオートマチック拳銃でもトリガーを引く効果音を入れなければならない」
                    「警察は(ちょっと)腐敗していなければならない」
                    「セドリックは壊れなければならない」
                    「車両提供にマツダ車が多くても驚かない」
                    「たまに助監督のミスで劇用車のナンバープレートは仮ナンバーでなければならない」
                    「女性の名前は”れいこ”か”きょうこ”でなければならない」


                    という最低限の文法を守りつつどんなお話を作ることができるか?
                    そんなことばかり考えながら出来上がったのが、

                    今回の『劇場版野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』です。

                    皆様の目にはどう映りますことやら。

                     
                    カテゴリ:架空映画野獣交番 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    明けましておめでとうございます!
                    0
                      今年も宜しくお願いいたします!

                      カテゴリ:近況 | 02:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                      << | 3/57PAGES | >>