<< 地球防衛堂重大発表2016 | main | 地球防衛堂的「AKBグループ超絶年末スペシャル2016」20大NEWS >>
地球防衛堂的「AKBグループ超絶年末スペシャル2016」各賞の発表
0

     

    今年も残す所二日となりました!

    毎年、年末の地球防衛堂は、この大型企画をお送りしております。

     

    気がつけば5年目!

     

    地球防衛堂的「AKBグループ超絶年末スペシャル2016」


    その1日目は
    地球防衛堂的『2016年AKBグループ各部門賞の発表』です。


    今年、最も心に残った「楽曲」や「メンバー」など、様々なテーマから独断と偏見で賞を決めました。
    早速参ります!

     

    今年の結果について、先にお断りしなければなりますまい。
    毎年、本企画はAKBグループの一年を語る上でなるべくたくさんのグループのお話ができるよう
    考えて構成しております。
    現に11月に作成した本企画の第一稿は、そのようになっていました。
    だが、しかし…
    たった1曲の歌の出現によって私は全面改訂を余儀なくされたのです。
    独断と偏見なのにです。いや、だからこそかもしれません。
    前置きが長くなりました…。それでは、発表します。


    地球防衛堂的最優秀楽曲賞


    二人セゾン 欅坂46
    2016/11/30
    欅坂46 3rd Single「二人セゾン」表題曲

     

     

    「静」から始まる切ない物語は、やがて、若さを爆発させる激しいパフォーマンスに昇華します。
    クライマックス、センターの平手友梨奈さんが舞う「大暴れダンス」(勝手に命名)は、観る者に強烈な印象を残すでしょう。
    とにかく理屈抜きに魅了されました。

     

     

    次点


    Maxとき315号 NGT48
    2016/03/09
    AKB48 43rd Maxi Single「君はメロディー」TypeD収録曲

     

     

    NGT初の完全オリジナル曲は、雪国を走り抜ける新幹線をイメージさせる
    「日本海風味」の爽やかソング。
    流れるようなメロディーが耳に心地よい名曲です。
    単独デビューが楽しみです。

     

    次点


    サイレントマジョリティー 欅坂46
    2016/04/06

     


    欅坂46 1st Maxi Single「サイレントマジョリティー」表題曲

    「欅坂とはなんぞや?」と思っていたら聞こえてきたデビュー曲。
    笑わない…無駄な動きがない…そのくせダイナミック!
    『制服のマネキン』を彷彿させる「お嬢様の反乱系」(?)ソング。
    良かったです!

     

     

     

    地球防衛堂的最優秀PV賞


    二人セゾン 欅坂46

     

     

    失礼ながらPV的には、新しいことは何ひとつしていないんです。
    ただ、とても美しく、躍動的。
    スローモーションも効果的で、うっとり拝見いたしました。

     

    次点


    混ざり合うもの 乃木坂AKB
    2016/03/09
    AKB48 43rd Maxi Single「君はメロディー」TypeE収録曲

     

     

    乃木坂とAKBのメンバーが共演した、まさに「混ざり合うもの」
    どちらかと言えばAKBのメンバーが乃木坂演出に挑戦したという感じですが
    坂道風味の「無表情ギクシャクダンス」(勝手に命名)の中にこじはるやさっしーがいるのが面白かったです。

     

     

    地球防衛堂的最優秀衣装賞


    二人セゾン 欅坂46

     

     

    次点


    サイレントマジョリティー 欅坂46

     

     

    欅坂から二着。
    どちらもモチーフは「軍服」
    ハロウィンでは、国際問題にまで発展してしまいましたが…
    集団の美、大人たちへの抵抗、少女達の反乱という意味を考えると私自身は軍服からの着想、アリ派です。
    ただ、そのデザインが、どんな意味をもつのか、おさえておいて損はありませんやね。
    どうぞ、これからも勇ましく、そしてエレガントに…!
    (ヘビロテだってナポレオンジャケットですしね。)


    特別賞


    「さくらたんが着ていた服全部」

     

     

     

     

    地球防衛動的最優秀メンバー賞


    欅坂46
    平手友梨奈

     

     

     

    「センターはショーットカットの法則」健在です。
    欅坂46のセンターに抜擢されたのは恐ろしく眼力のある15歳
    デビュー曲で大群を束ね
    2ndで悲鳴を上げ
    3rdでは暴れます
    (ソロダンスが終わった後のサビ戻りで乱れた髪を直す間もなくカメラに前進してくるときの美しさ!)
    ドラマでは佇まいだけで存在感を醸し出し
    ゴスペラーズとの共演では、初々しくも儚い歌声を披露。
    もう、可能性の固まりです!


    次点


    NMB48チームN
    須藤凜々花

     

     

     

    昨年も書かせて頂きましたが
    NMBのドラフト1期生
    将来の夢は哲学者。
    東京生まれのバリバリの文化系女子がナニワの女豹軍団の配属となり
    「すわ!黒髪美少女一巻の終わりか?」と思ったのもつかの間。
    中二病キャラを炸裂させ、いまやNMBはもとよりAKBグループ全体で異彩を放っております。
    イベントのMCで行われた1コーナー「須藤凜々花の教えてセンパイ」やオールナイトニッポンの慇懃無礼(?)な後輩トークなど
    地頭の良い語り口で今後も縦横無尽に活躍して欲しい!

     

     

    地球防衛動的最優秀フレーズ賞


    「歩道橋を駆け上がると、夏の青い空がすぐそこにあった」

     


    欅坂46の2nd『世界には愛しか無い』の冒頭のセリフ。
    ポエトリーリーディングと云うそうなんですが、いきなり朗読が始まって
    初見の時、かなりビビりました。
    「このまま、最後まで朗読?」
    そんなはずもなく…流れるようなメロディーから転調(かな?)のあと清々しいサビへと向かう構成は
    聞いていて気持ちが良かったです。


    次点


    「いいよね!」

     

     

    新生銀行のCM「バカップルなんて」篇(2016年3月 - )のセリフより。
    バカップルを馬鹿にしているのかと思ったら羨ましがってたという
    クールで気高い木崎さんのキャラクターを逆手に取った名作。
    「いいよね!」

     

     

    地球防衛堂的今年の一枚


    2016/12/14 FNS歌謡祭より

     


    話題のピコ太郎とアイドル100人のコラボ企画

    『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)FNS ピコっとクリスマスver.』
    人気アイドルがピコ太郎のコスプレで登場したのですが…
    お美しい乃木坂の白石さん。
    Ihave a apple
    横にいるさゆりんごの顔を持ってました。
    松村さんの顔!!


    地球防衛動的最優秀特別賞


    小田あさ美さん

     


    4/8放送「中居正広の金スマスペシャル」高橋みなみ AKB卒業記念スペシャル
    毎回、じっくりとAKB特集をしてくださる金スマ。
    卒業するたかみなの特集でした。
    普通の少女が300人以上のグループのリーダーになっていく10年の物語は、不幸にも起こった「握手会襲撃事件」というAKBグループ最大の危機を
    一つのクライマックスにして、とても見応えのある内容でした。知られざるたかみなの苦悩に涙しました。
    さて、恒例の再現ドラマ…。
    注目のたかみな役の方…小田あさ美さん…が、可愛すぎる!
    いえ、たかみなもキュートですが、小田さん…可愛すぎる!

    (プラチナムプロダクション所属のグラビアアイドル、女優、タレントさんだそうです)
    そんな、小田あさ美さんのたかみな役が、ある意味、今年最大のインパクトでした。
    AKB最大の功労者、たかみなを見事演じきった小田あさ美さんに特別賞を差し上げたいと思います。

     

    いかがでしたでしょうか?
    明日は、いよいよ…大晦日。
    地球防衛堂的『2016年AKBグループ20大ニュースの発表』です。

     

     


     

     

     

     

    カテゴリ:アイドル | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://koho.chikyu-boe.com/trackback/563
    トラックバック