<< 明けましておめでとうございます! | main | 『野獣交番』遂に公開! >>
『野獣交番』公開直前スペシャル
0

    いよいよ、地球防衛堂架空映画シリーズ第二弾『野獣交番』の公開が近づいてまいりました。




    「地球防衛堂太平洋ディビジョン」後藤大輔さんのおかげを持ちまして9分4秒という超大作(当社比)が出来上がりました。


    いまから7年前。


    『架空映画のタイトルを考える』という空前のマイブームのさなか。
    「じゃあ、バイオレンスドラマなら、どう名付ける?」
    という自問に自答したのが『野獣交番』でした。

    「ドーベルマン刑事」「ゴキブリ刑事」「野獣刑事」「要塞警察」
    「残酷警察」そして「西部警察」etc…。

    いろいろありました。

    更に「デカ祭り」に代表されるように、いわゆる「刑事(デカ)もの」のパロディーは、それこそ星の数ほど存在するわけで、「既視感」と「パロディー」に満ち溢れた「警察ドラマ」に手を付けることは、自主制作界において、余程の覚悟がなければ「やけど」をしてしまう題材だと考えてしまうのです。

    そこで『交番』

    『交番』といえば警察組織の中でも牧歌的なイメージが(勝手に)あります。
    ドラマで言えば何でしょう?

    亀有?バカボン?金八先生?

    そんな「交番のお巡りさん」に裏の顔があるとすれば…。

    最近は「警察24時」や実際の事件で「交番のお巡りさんも意外と…」と思う瞬間もありますが、私が慕う70年代ドラマでは、凶悪事件とは対極なところにいる存在でした。

    ですから

    有りそうではあるが有り得えない
    が信条の「地球防衛堂架空企画」の中で『野獣交番』というフレーズが浮かんだ時は我ながら嬉しかったです。

    『野獣交番』をラーメン屋さんで読んだことがあると言い張る人が現れた時には、感動を通り越し恐怖すら感じたものです。

    タイトルが決まれば「妄想作業」は楽しいものです。

    昨今の『相棒』や『踊る大捜査線』の記憶を消し去り
    石原プロや日テレアクションを代表する70年代刑事ドラマ作品よろしく

    「主人公には妹がいなくてはならない」
    「その妹は不幸でなければならない」
    「巨悪と戦う時、主人公はサングラスを着用しなければならない」
    「銃は絶えず抜いていなければならない」
    「たとえオートマチック拳銃でもトリガーを引く効果音を入れなければならない」
    「警察は(ちょっと)腐敗していなければならない」
    「セドリックは壊れなければならない」
    「車両提供にマツダ車が多くても驚かない」
    「たまに助監督のミスで劇用車のナンバープレートは仮ナンバーでなければならない」
    「女性の名前は”れいこ”か”きょうこ”でなければならない」


    という最低限の文法を守りつつどんなお話を作ることができるか?
    そんなことばかり考えながら出来上がったのが、

    今回の『劇場版野獣交番〜知りすぎた女と知りたくもない男』です。

    皆様の目にはどう映りますことやら。

     
    カテゴリ:架空映画野獣交番 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://koho.chikyu-boe.com/trackback/543
    トラックバック