<< 地球防衛堂オリジナル動画『野獣交番』2回目の撮影。 | main | 地球防衛堂的「AKBグループ超絶年末スペシャル2015」最終日 >>
地球防衛堂的「AKBグループ超絶年末スペシャル2015」初日
0

    今年も残すところあと二日となりました。
    いろいろなことがあった1年でしたね。

    もちろん地球防衛堂は2015年をAKBで振り返ります。

    今年で4年目の地球防衛堂年末恒例企画

    『地球防衛堂的AKBグループ超絶年末スペシャル2015』

    その1日目は
    地球防衛堂的『2015年AKBグループ各部門賞の発表』です。

    今年、最も心に残った「楽曲」や「メンバー」など、様々なテーマから独断と偏見で賞を決めました。
    早速参ります!

    地球防衛堂的最優秀楽曲賞

    SKE48『前のめり』
    SKE48 18thシングル表題曲



    久々にSKEのシングルを買いました。
    名曲『片思いFinally』を彷彿させる流れるような曲調。
    爽やかに始まりやがて激しくひたむきなサビへ雪崩れ込む。
    SKEだけが唄うことを許される王道パターンですね。
    長年グループの顔だった松井玲奈さんの卒業シングルにふさわしい曲となりました。




    地球防衛堂的最優秀PV賞

    AKB48チーム8『汚れている真実』
    AKB48 40thシングルc/w



    「ほっかいどー!あおもりー!いわてー!」でお馴染みのチーム8
    初のシリアスソングは初期のAKBの傑作『軽蔑していた愛情』が脳裏をかすめる「揺れ動く少女の気持ち曲」冷たい色調の世界の中、少女たちの「表の顔と裏の顔」が交錯します。



    私、このPVを観て総選挙、中野郁海さん(鳥取さん)に一票入れました。
    クライマックスは曇天の中、学校の屋上で踊るシーン。
    思わず、靴を揃えて泣きながら走りだす大島優子を探しました。





    地球防衛堂的最優秀衣装賞

    NGT48デビュー衣装



    白地に赤の差し色はNGTのロゴにも使われているイメージカラー。
    新潟のグループに与えられた、初めての衣装もこの白と赤が取り入れられました。
    「トキ」をイメージしたそうです。
    衣装が変わると『ゆきりん』も『きたりえ』も雰囲気が変わりますね。

    ちなみに特別賞は
    「さくらたんが来ていた服全部」です。



    何を着てもかわいらしい!(マジすか4のセーラー服を除いて)





    地球防衛堂的最優秀メンバー賞

    セイントコスモ



    サホル、ナナタス、トムリスの3人

    誰?

    AKBINGOの企画「アイドルがアイドルをプロデュースしたら」にて。
    北原里英さんが連れてきた3人組は、なんと宇宙人!
    お約束の無表情!

    銀河系第11惑星コスモスターから地球に恋人探しにやってきたんですって!
    アイドルプロモーションの禁じ手
    「変な設定でメンバーを縛る」(一番やってはいけないのが宇宙人設定。二番目はサイボーグ)
    を北原さん、堂々とやってのけました。

    お若くない世代の方なら覚えてますよね『スターボー』



    80年代、一世を風靡…できなかった…第十惑星から地球に「愛」を伝えるためにやってきたテクノカットの三人組アイドル。子供ながらに「あ!それやっちゃ駄目!」と思ったものです。(二作目から聖子ちゃんカットの普通のアイドルに戻ってひっそりと第十惑星に帰って行きました)
    セイントコスモの元ネタは恐らくスターボーなのだと思いますが、妙に完成度の高い企画物でした。
    この時、披露された曲「我らセイントコスモ」も隠れた名曲です。
    音源化希望!



    地球防衛堂的最優秀グラビア賞

    週刊ヤングマガジン12/14号



    御覧ください!綺麗になりました!大人っぽくなりました!
    左の方、稲森いずみさんじゃないですからねっ!




    地球防衛堂的最優秀フレーズ賞

    AKB48チームK藤田奈那
    「私は大変なことをしてしまいました…」



    望まない戦いがそこにはアルンデスッ!
    じゃんけん大会決勝戦、藤田さんも中西さんも明らかに「勝利」から逃げていました。
    夢の「ソロシングル発売」が目の前にあるにも関わらずです。
    ふたりとも「ソロデビューの重圧」に飲み込まれていたのです。
    劇場でのパフォーマンスには定評があるも、一般層への知名度は皆無に等しい藤田さん。
    6度に渡るグーでのあいこの後、意を決して拳を開き、本選参加者105名の頂点にたった瞬間に放ったのが、このフレーズです。
    ともあれ発売となったソロデビュー曲『右足エビデンス』は楽曲・PV共々、非常にかっこよく仕上がっておりました。
    頑張れ!なぁな!




    地球防衛堂的特別賞

    木村拓哉さん



    2015/09/23 ONAIR『Mステ30年突入記念史上最大の10時間特番“全部大ヒット曲”』(テレ朝)
    『恋するフォーチュンクッキー』が流れる中、さっしーとこじはるに担ぎだされ、いやいやステージに登場した木村さん。顔は(いつもの)仏頂面をしながらも完璧な振り付けを披露しました。
    メンバーの誰よりも木村さんがうまかったのには痺れました。


    いかがでしたでしょうか?
    明日は、いよいよ…
    地球防衛堂的『2015年AKBグループ20大ニュースの発表』です。



     
    カテゴリ:アイドル | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://koho.chikyu-boe.com/trackback/539
    トラックバック