<< 今井大蛇丸×地球防衛堂土方雅人1stライブの模様がYOUTUBEにUPされました! | main | くつした企画の鳥類火炙りの会 >>
ドリル戦車と女子高生
0

    超大型低気圧が猛威を振るっています。

    各地で甚大な被害が出ているようですね…。
    お見舞い申し上げます。

    今、私がいるマンションも外から風の音と除雪車の音が聞こえてきます。

    深夜の除雪作業。
    作業に従事されている方々…寒い中、大変お疲れ様です。

    現在、地球防衛堂は独自企画で『ブリザードウォーズ』という「架空映画」の「ちょっとした映像化」に向けて下ごしらえを進めています。




    『ブリザードウォーズ』
    サブタイトルは『暴走除雪車VSジョンバーガール』

    「暴走する巨大除雪車」に「ジョンバ(スコップ)一本で立ち向かう女子高生」のお話です。

    そもそも、なぜ、こんな企画を考えたかと申しますと…3つのキッカケが絡み合っているんです。
    今夜は、そんなことを取り留めもなく書いてみようと思います。


    1.「ドリル戦車」を作りたかった。

    ある日、何気なく「ドリル戦車」で検索をかけてみたところ(なぜ?)様々なプラモのジャンクパーツ(不要部品)で作ったオリジナルメカを紹介している方のHPにたどり着きました。
    そこで紹介されていた「ドリル戦車」が、かっこよくて、かっこよくて…。
    自分でも作ってみたくなりました。
    だいたい「ドリル戦車」って「昭和メカ」ですよね。
    ハイテクっていう洗練された印象は似合わないような気がしていました。
    その方のメカは「怪獣攻撃用兵器」という「昭和的な」設定が付与されていました。

    さて、自分ならどうするか?

    そこで「昭和生まれのおじさんがコツコツ作った重機」という設定を考えつきました。
    「重機」ですから何か「作業」するものですよね。

    どんな作業?
    なぜコツコツ?

    そんな時に思い出したのが遠い昔の思い出でした。


    2.「冬」がキライだった

    私、昔から冬がキライです。
    寒いし、行動が狭まるし、ウィンタースポーツも出来ないし…。
    札幌に生まれてスキーが出来ないなんて、サンバの出来ないブラジル人みたいな(失礼!)もの。
    そんな「冬憎し」の感情で高校の時に「冬なんて大キライ」という80年代バリバリタイトルのビデオドラマを仲間たちと作ったことがありました。

    もう30年近く前の話です。

    主人公は札幌生まれなのに冬嫌いの男子高校生。
    まぁ、言ってみれば自分自身です。
    そんな彼が冬に憧れる沖縄出身の少女と出会い…みたいな(今となっては)赤面ストーリーが展開するのですが、これをヒントにまず「何か不条理なことが起きて冬が嫌いになった除雪作業を生業にするおじさん」が「冬に復讐する」という設定を考えました。

    「暴走除雪車」だ!

    じゃあ、「沖縄出身の少女」も出したくなってきます。
    そこで3つ目のお話が登場です。


    3.「札幌版ダイ・ハード」を作りたかった

    くつした企画のくつしたさんと以前、私たちが住む「札幌」でパニック映画を作るとしたらどんなものが出来るか?ということを探ったことがありました。「札幌」だからこそ成り立つストーリー。
    もちろん、「暴走除雪車」だけでは「札幌」でなくても良いわけで…
    あ、それなら「最終目的」を、あの「冬のビッグイベント」にすればキャッチー!
    ならば、「女マクレーン」を沖縄から雪像を作りにやって来た女子高生にして
    「冬への憧れが強すぎて一人、除雪車に立ち向かう」ことにしよう!と、なった次第です。


    「ドリル戦車」が「女子高生」と繋がりました。


    雪が溶ける頃…


    どんな映像が出来上がっているか?

    楽しみ…の前に…出演交渉をせねば…。



    【たなかよしみさんのドリル戦車】

    http://www.hasegawa-model.co.jp/jp/work/05type13/

    【地球防衛堂ブリザードウォーズHP】




    http://chikyu-boe.com/blizzard.htm




     
    カテゴリ:架空映画ブリザードウォーズ | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://koho.chikyu-boe.com/trackback/465
    トラックバック