<< ピンクのクラウン | main | 辻褄・命 >>
ホワイトハウス襲撃
0
     
    先日、アメリカのホワイトハウス前の規制線を乗用車が突破しようとし、警察とのカーチェイスの末、乗用車を運転していた女が警察に射殺されるという事案が発生しました。

    世界中で、最も厳重な警備体制が敷かれている施設の1つである「ホワイトハウス」

    ここを「襲撃する」映画を作るにはどうすれば良いのか?

    ロケ協力を快諾してくれるはずもなく・・・

    そうなると・・・

    こんな感じなんですね。



    映画「エンドオブホワイトハウス」メイキング


    カテゴリ:映画・ドラマ | 03:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    かつての同僚の助力のもと、職場復帰した黒霧(木○拓哉)。
    かれは「ある事件」によって総理大臣警護からハズされていた。

    (プロローグ)

    毎朝、官邸へ「通勤」している首相の車列に、
    一般人の運転する車が侵入するという事件が発生。
    当時警護主任だったk霧は、警備任務遂行のため、
    運転手である主婦を射殺してしまう。

    CG


    数年前。

    彼は、反乱分子が国会議事堂を占拠するという事件の際、
    SPを指揮して事件を解決した、真の立役者だった。

    CX


    しかし過剰な対応とはやし立てるマスコミ・野党、
    果ては政権内部からも批判を受けた彼は、職場を辞し、
    ひとしれず、北海道は根室へと向かったのだった・・。






    このあとの予想されるストーリは、以下の通り。



    1,雪原で薪割りしているところへ、かつての同僚がやってくる。
    2.職場復帰してくれという。
    3.断る
    4. まぁまぁ、そういわずに。
    5.俺は今の仕事で、満足している
    6.「エスカロップの腕前は上がったのか?」
    7.「ふっ、つーか、ぶっちゃけ、ほっといてくれっつーか、まじで。」
    8.尋ねて来た元同僚が、変死。
    9. 一通のメールが着信。
    10.黒幕は、かつての同僚
    11.コンピュータに詳しい仲間が突然登場
    12.パトカーでカーチェイス
    13.黒霧さん、撃たれる(スローモーション)。
    14.もちろん死んでない
    15.サイボーグにもアンドロイドにもされない(ご安心を)
    16.死んだことにして、独自に調査
    17.オリンピック大橋封鎖
    18.コンピュータウイルスがわるさする
    19.豊平橋封鎖
    20,首謀者はかつての同僚だった(no10参照)
    21.黒霧さんをクビににした元首相が「俺の一存」で権限を一任。
    22.「済まなかったね。あのときは・・ああすることでしか、君を・・守れなかった」
    23.「つーかぶっちゃけ、きにしてないっすよ、まじで。ふっ」
    24.昔チームを組んでいた、なじみの人に会いに行く(力を貸してくれ!)
    23.人数は11人。2作目からは12人、3作目からは13人に増えていく(予定)
    24.そのうちの一人は、バイクのレーサー。もうひとりは韓国語が堪能。紅一点は口がデカいソバージュ。
    25.当然、クーデター計画
    26.当然、米国の内政干渉
    27.当然、国籍不明機の領空侵犯
    28.陸海空、全面協力(テロップ付)
    29.かつての同僚、登場(NO10参照)
    30.一騎打ち
    31.二丁拳銃(スローモーション)
    32.ジョン・ウー
    33.鳩(バタッバタバタッ・・!)
    34.神社(ガチャガシャガシャ♪←大鈴)
    35.実は爆弾が仕掛けられていた!
    36.「仲間になれ!黒霧!!伴に宇宙を手に入れよう!」
    37.断る。
    38.黒霧さん、ケガを負いながら説得。
    39.昔、二人が奪い合ってた女性の話(もちろんすでに死んでいる)
    40.男二人、おねーちゃんの昔話に花を咲かす。
    41.かつての同僚、改心。
    42.その瞬間、味方に殺される。
    43.いちおうビックリする黒霧さん(←一瞬カメラを確認する一位さまの体で)
    44.元同僚は傀儡で、真の黒幕は元総理(初)
    45.しかも陽動で、真の目的は別の場所にあったのだ!
    46.「っふ、つーか、まじっすか?」←キムさんの演技プラン(開業以来1種類のみ)
    47.「ん・・ああ。そう・・まじ・・かな。ん・・・まじだね(笑)」←役所さんの演技プラン
    48.元総理は、実は、元特殊部隊。
    49.黒霧さんは、実は、元SAS出身(マスター止まり)。
    50. 間
    51.黒霧さん。優勢。(キムさんの見得を切るのがウザい)
    52.元総理、劣勢。
    53.演技指導はユエン・ウーピン
    54.一瞬の隙を突かれ、形勢逆転(ワイヤーアクション)
    53.一気に黒霧さん、劣勢!(←ここのCGパートはチャウ・シンチー監修)
    55.黒霧さんに迫る危険!!
    56場面が変わる。(暗転)
    57.薄暗い、地下室の一室。
    58.「ま、まてよ!まじ、黒霧が復帰するとは、計画になかったぞ!(SOUND ONLY)」
    59.「落ち着きたまえ。彼らには、せいぜい頑張ってもらえばよいではないか(SOUND ONLY)」
    60.「左様。しかし・・・我々の計画も変更しなければならぬのでは?(SOUND ONLY)」
    61.「お、おい!?どうなんだよ!?なんとか言えよ!(SOUND ONLY)」
    62.「想定の範囲内です。(SOUND ONLY)」
    63.「腕は悪くはないが・・・それではプロフェッサには慣れないな。」
    | 在野の営業HD傘下の「ホワイトハウス襲撃」の日記を読んでひらめいた2,3の出来事 | 2013/10/10 1:28 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック